災害のときにも役立つ技術!?空気から水を作ることに関する豆知識を分かりやすくご紹介

このサイトでは、空気を使って水を作り出す装置について豆知識を分かりやすくご紹介しています。
空気から水を作る装置は災害のときにも役立てことができる、水不足の地域や汚染された水しかないエリアなど品質が高い飲料水に対する問題を抱えている国や地域に住む人々の命を救える装置といっても過言ではありません。
また、このよう装置が出回ることで水洗トイレに役立てられたりボトリングした飲み水が要らなくなるので製造においてのCO2の削減への効果が期待できます。

災害のときにも役立つ技術!?空気から水を作ることに関する豆知識を分かりやすくご紹介

災害が発生すると、電気・ガス・水道などのライフラインが停止することになります。
一般的に、インフラ復旧は電気→水道→ガスの順番で行われるケースが多いといわれているのですが、空気から水を作る装置は電気と空気があれば飲料水を確保できるなどからも災害で電気が復旧もしくは使用可能な状態なら常に飲料水の確保ができますし、太陽光発電を導入している住宅や施設などに空気から水を作る装置があれば常に安全性が高い飲み水を供給できるメリットもあります。

空気から水を作る技術は2011年の東日本大震災がきっかけ

未曾有の災害をもたらした東日本大震災を機に生み出されたのが「空気から水を作る」技術です。
震災後、被災地では水を確保することが困難となりました。
そんな問題を解決するために水道インフラが絶たれたとしても飲料水を確保できる技術の開発が開始され、10年以上の歳月を経た2022年4月に市販品の製水器が発売されました。
既存のウォーターサーバーと違って、自ら水を作り出せるのが特徴になっています。
室内の空気を高品質なエアフィルターを通して清浄化して水を作り出し、複数のろ過器を使って不純物を取り除き、水タンクを溜まった水をUV殺菌をすることで安全性を保ちます。
これによりウォーターサーバーに必須であったペットボトルが不要になりました。
東日本大震災のような災害時でも電源を確保さえできれば、空気から水を作ることができます。
人が生きるために欠かせない水を空気から作ることで、水資源の保存やプラスチックゴミの削減も目指せます。

空気から水を作る技術は安全な飲料水の確保に役立てることができる

空気から水を作るウォーターサーバーは、本体が非常に軽いと言うことや、ボトルを使用しないためその交換等の手間が省けるといった点から注目を集めています。
しかし、その他にも重要なポイントがあり、安全な飲料水の確保を行うことができると言う点が非常に重要なものとなっているのが特徴です。
水は様々な場面で非常に重要なものですが、日本では水道が普及しているためにあまりその認識を持つ人は多くはありません。
ただし一度災害が起きて水道管の破損等が発生すると、水の確保が難しくなってしまいます。
ボトル型の場合にはその供給が停止してしまうと、全く意味をなさないものとなってしまうため注意が必要です。
空気から水を作る技術は、空気と電源さえあれば良いので、最大で水が外部から供給されない場合でも電源さえ確保できれば水を生み出すことができます。
さらに新鮮な新しいものを得ることができるので、常に安全な飲料水を確保することができることにつながります。

空気から水を作ることは資源を生み出すことに繋がる

日本の水道は世界から見ると安全性がとても高いといわれているのですが、水道水は消毒が行われている関係からカルキ臭さがあるので美味しくないなどのように感じている人も少なくありません。
そのため、美味しい水を求める目的でミネラルウオーターを購入したりウォーターサーバーを導入して常に天然水の確保をされている人も多くなっています。
いずれもペットボトルなどの容器にそれぞれの美味しい水が充填されているわけですが、空気から水を作る装置を使うとミネラルウォーターを買う必要もなくなる、ウォーターサーバーも不要になるので水が入っているタンクも不要になることから資源ゴミを減らせる効果にも繋がります。
空気から水を作る装置は、電気と空気があれば1日4~20リットルなどの飲料水を作り出すことができるといわれていますが、家族が多い家庭でもこれだけの水を作り出すことができる装置があればペットボトル入りの飲料水などはいらなくなるのでCO2の削減に対して貢献することも可能です。

空気から水を作るためには電源が必要不可欠

空気から水を作ることができると、当然のことながら水道代はかかりません。
ミネラルウォーターとかウォーターサーバーの費用も不要ということになります。
しかし一度装置本体さえ購入してしまえばその後は完全無料で空気から水を作ることができるかというと、さすがにそのようなわけにはいきません。
装置を稼働させるためには電気というか、電源が必要です。
通常の設置場所であればコンセントに困ることはないでしょうから、まず問題となることはありませんが、気になるとすれば災害や停電時が挙げられるかもしれません。
断水しても水が作れると思って導入したのに、災害では水と並んで電気も止まってしまったとなると無用の長物となってしまいます。
これは全くそのとおりですが、一般的に言って電気のほうが水道よりも復旧は早いですから、それに頼ることはできるかもしれません。
あるいは最近であれば太陽光発電などと組み合わせるようなことも考えられます。